カナガンドッグフードをメインに、その他ドッグフードの個人的評価も付けたいと思います。

カナガンドッグフードの賞味期限の落とし穴について暴露

今回はカナガンドッグフードについてみんなが意外と知らない落とし穴について触れていこうと思います。

 

 

rapture_20160416131414

 

まずカナガンドッグフードの賞味期限は、未開封状態で常温保存。

そして製造日から18ケ月となっております。

 

一般的に売られている低品質なドッグフードでは、発がん性物質でもある酸化防止剤が多量に使われています。

なのでドライフードの賞味期限も何年も持つようになっています。

 

対するカナガンドッグフードではそういった人口の添加物を使用していない為、この賞味期限の短さはある意味品質保障的な部分でもありますよね。

 

そして製造日から18ケ月とかかれていますが、実際カナガンを購入して送られてきた商品がすでに16ケ月経っている・・・

 

なんて事はありませんのでそこは安心しても大丈夫です。

 

私も長年カナガンドッグフードを愛用していますが、一番古くてもせいぜい製造日から3ケ月後程度。

そういう細かい部分もカナガンドッグフードはきちんとしているので個人的にも高評価。

 

賞味期限の落とし穴

ここから先はあまり知らない人が多いです。

先ほどお伝えした賞味期限ですが、注意したいのが製造日から18ケ月という所。

 

ここから話は変わりますが、開封後だと賞味期限はグッと縮まります

 

気になるカナガンドッグフードの開封後の賞味期限。

 

それは1ケ月です。

 

rapture_20160416131418

 

びっくりするくらい短いですね。

 

しかしここで焦る必要もありません。

なぜならカナガンドッグフードは2kg単位でしか販売されていないからです。

 

小型犬である最近では人気のチワワやミニチュアダックスフンド。

そういった小型犬でもこの2kgは1ヶ月で十分に消化できます

 

なのであまり気にする必要もない部分でもあります。

しかしカナガンドッグフードを与えていて、たまに違うドッグフードを与えていたりしたら1ケ月以内で消化するのは厳しくなってきます。

 

そうなっては品質の低下も免れなく、犬も腹痛を起こしたり下痢気味になったりする可能性も0ではないんですね。

結構大事な事なのでここは忘れずに覚えておきたいですね^^