カナガンドッグフードをメインに、その他ドッグフードの個人的評価も付けたいと思います。

カナガンドッグフードについて

カナガンドッグフードについて色々とまとめたサイトになります。

私自身長い間カナガンドッグフードを愛犬に与えていますが、最初は気づけなかった部分も長い目で見るとその違いなどは明らかになってきたんですね。

やはり体調が改善されるのって、日々継続して栄養の行き届いた食事を与える他にありません。

 

さらにペットは飼い主が与える食事が全てです。

なので愛犬の健康管理は飼い主が選ぶドッグフードにかかっていると言っても過言ではありません。

それだけドッグフードは重要であり生命線であるとも思っております。

rapture_20160416131414

ここでは飼い主さんのドッグフード選びが参考になるようまとめてみました。

 

カナガンドッグフードの評判はどうなのか

カナガンドッグフードは食いつきが悪い!なんて評価もあります。

これは紛れもない事実。

 

カナガン愛用者のブログでは、ほとんどが愛犬も嬉しそうに食べてくれるなんて言っていますよね。

あれも事実ですがその間逆の意見というのも確かに存在します。

 

やはり環境や犬の状況によっても要因はさまざま。

↓口コミに関しては下記のサイトが参考になると思います。

カナガンドッグフード

 

カナガンはどんな犬におすすめ?

これといってこんな犬にオススメですというのはありません。

 

犬の健康を最高レベルに維持したい飼い主さんに向いていると言えるでしょう。

価格も4000円ほどしますので、それだけ意識が高い飼い主さんにだけ選ばれているのではないでしょうか。

 

rapture_20160418174749

 

カナガンドッグフードのデメリット

カナガンはあくまでドライフードしか販売していません。

おやつとかウェットフードって売っていないんですね。

 

ここで一点注意してもらいたい事があります。

それはおやつにも気をつけると言う事。

 

というのも、ドライフードだけで済ませるには犬もちょっと可愛そうですよね。

ストレスが溜まる原因にもなったりします。

 

なのでおやつは市販の物を与えると思いますが、そこで気をつけたいのがおやつも無添加の物を意識して取り入れていきましょう。

 

というのもカナガンドッグフードの最大の売りである無添加・穀物不使用(グレインフリー)。

おやつで健康を阻害する物を与えてしまっては意味がないんですね。

rapture_20160416131418

 

穀物不使用のおやつは中々少ないって所はありますが、最近では無添加のおやつはどんどん発売されているので、そういった物を与えるように心がけましょう。

 

ちなみにカナガンと同じ販売会社が他にナチュラルドッグフードといった品質の高いドッグフードも販売しています。

 

そちらでは無添加のおやつが売られているので、一度公式サイトを除いてみるといいでしょう^^

rapture_20160416125231

価格も良心的で気軽に買えると思います。

ウェットフードだけはやめておきたい

犬用の缶詰だけは与えないほうがいいです。

理由は健康に良くないから。

 

酸化防止剤なども多量に使われている物も多く、決して健康的とはいえません。

犬はウェットフードを食べないと体によくないなどという事は一切ありませんので、そこは惑わされないでカナガンのドライフードだけを与えましょう。

 

さらにウェットフードで主原料が異なる物を与えていると、犬がアレルギー反応を起こしたときに主原料の特定が出来ないなどといったデメリットもあります。

 

後々の事を考えても、ウェットフードはよくないので気をつけましょう。

 

記事一覧

プレミアムドッグフードであるカナガンドッグフード。 よく一般的なプレミアムドッグフードでは、対象年齢が成犬から ・・・[続きを読む]
今回はカナガンドッグフードの悪評なんてものにフォーカスして記事を書いていこうと思います。 悪評って聞くといいイ ・・・[続きを読む]
グレインフリーで今現在日本国内で売られているドッグフードの中でも、最高レベルの品質を誇るカナガンドッグフード。 ・・・[続きを読む]
今回はカナガンドッグフードが飼い主に選ばれる理由や、その特徴などをまとめました。 実際体にいいってだけで、肝心 ・・・[続きを読む]
今回はカナガンドッグフードについてみんなが意外と知らない落とし穴について触れていこうと思います。   ・・・[続きを読む]
今回はカナガンドッグフードとナチュラルドッグフードを比較いたしました。 どっちがいいという訳ではなく、どちらも ・・・[続きを読む]
カナガンドッグフードってちょっと高すぎる! そう思っている飼い主さんは少なくないと思います。 というのも、市販 ・・・[続きを読む]